ペンキや塗装の事なら塗料専門通販サイトで!耐熱塗料、防水塗料、遮熱塗料(ヒルムA)も豊富な品揃え。キシラデコール、染めQ等のDIY塗料から、エスコ、エコレタンの業務用塗料まで激安価格で通信販売!創業110年の関西ペイント一次特約店『ヤブタ塗料』が通販ならではの価格にて運営中!
 

ログイン 会員登録

お買い物ラクラク会員メニュー

見積依頼 お見積りはこちらから

取扱塗料リスト機能&用途別

取扱塗料リスト塗料メーカー別

営業日カレンダー

2018年 04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
今日
定休日(日曜・祝日)
発送のみ
△在庫品のみ発送
2018年 05月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
定休日(日曜・祝日)
発送のみ
△在庫品のみ発送

相談・サポート

塗装HOW TO

質問・問合大歓迎 塗料屋さん.com

店舗運営責任者 中村貴紀

店舗運営責任者 中村貴紀

塗料屋さん.comへようこそ! 当店では塗料専門店ならではの価格と品揃えはもちろんのこと、商品選びの際のアドバイスなど、皆様が安心して塗料をお選びいただけるよう、サポート体制にも力を入れています。

どの商品を選べばいいか、どう塗ったらいいのかなど、塗料についてのご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。

関連リンク

  • ヤブ蔵ツイッターへ
  • ヤブ蔵Facebookへ

調色配合サービス 2015年E版 656色日塗工

塗装用色見本帳無料進呈

関連リンク

  • 地域で愛され創業110年 ヤブタ塗料株式会社
  • 激安!看板用フィルム・資材通販 マーキングフィルム.com
  • ECO PAINT NETWORK エコペイントネットワーク
  • OSMO COLOR オスモカラー正規取扱店 NO.0000062
 

コーキング

.船Д奪作業

サイディングの塗り替えには必ずコーキング処理が入ってきます。
コーキングを爪で押してみて、弾力があれば“増し打ち作業”、弾力がなくカサカサ状態であれば“新規打ち直 し作業”になります。

増し打ち作業とは・・・・・
    既存のコーキングが活きているので、既存の上に新しいコーキングを
    打ち込みます。

新規打ち直し作業とは・・・・
    既存のコーキングが活きていないので、既存のコーキングを剥がしてから、
    新しいコーキングを打ち込みます。

推奨コーキングの種類

ウレタンコーキン グ・・ウレタン系コーキングです。ペイントウレタン

変成シリコンコー キング・・・シリコン系コーキングです。ヘンセイシリコンNB

変成シリコンはNB(ノンブリード)タイプを選んでください。
    ブリードとはコーキングの油性が上塗り塗料へ染み出て黒くなる現象です。
    ノン(NO)ブリードタイプが求められます。

耐久性としては・・・・ 
変成シリコンコーキングウレタンコーキング

塗装作業時に使用して行けないコーキング

シリコンコーキング・・・塗装がハジいてしまいます。変成タイプ を使用して
    下さい。

アクリルコーキング・・・内部用なので外部には使用しないで下さ い。

増し打ち作業

画像を入れます。
画像作成中。

.泪好ング作業を行います。これを行わないとコーキングがはみ出してしまい、塗装の際仕上がりに影響して きます。

 

画像を入れます。
画像作成中。

プライマーを塗装します。
プライマーは乾燥が早いので、段取りよく行いましょう。
また開封したプライマーは出来るだけ使い切る事をお勧めします。
乾燥が早いので蓋をしめても硬化が始まり粘度が高くなり、次回使用時も塗り難くなります。

シールプライマー #7 (500g)⇐ こちら

 

画像を入れます。
画像作成中。

コーキング処理。コーキングガン、コーキングヘラを上手く使用して作業して下さい。

 

画像を入れます。
画像作成中。

ぅ魁璽ングヘラで仕上げてください。

 

画像を入れます。
画像作成中。

ゥ魁璽ングが乾く前に剥がしてください。
コーキングが固まってしまうと、マスキングを剥がした際に、一緒にコーキングまで引っ張ってしまいます。

 

新規打ち直し作業

                                                 

ヾ存のコーキングを皮スキやカッターで剥がします。
コーキング剥がしの専用工具もありますので、大量にある場合はお尋ねください。
素地のアルミが見えたら完了です。家の構造によりアルミ以外の場合もありますが、状況により判断して下さい 。

 

建物によってはバックアップ材というものが埋め込まれています。
これはカサ上げ用の材料です。
コーキングは表面のみ打たれていますが、全てコーキングで埋める必要はありません。
バックアップ材というクッション材でカサ上げして使用材料を抑えます。
バックアップ材は劣化する事は稀なのでそのままバックアップ材を使用するケースがほとんどです。
バックアップ材も劣化している場合は表面のコーキングが水も染み込んでしまう程、相当劣化していた証拠にな ります。

 

マスキング作業を行います。
これを行わないとコーキングがはみ出してしまい、塗装の際仕上がりに影響してきます。

 

プライマーを塗装します。
プライマーは乾燥が早いので、段取りよく行いましょう。
また開封したプライマーは出来るだけ使い切る事をお勧めします。
乾燥が早いので蓋をしめても硬化が始まり粘度が高くなり、次回使用時も塗り難くなります。

シールプライマー #7 (500g)⇐ こちら

 

ゥ魁璽ング処理。コーキングガン、コーキングヘラを上手く使用して作業して下さい。

 

Ε魁璽ングヘラで仕上げてください。
コーキングが乾く前に剥がしてください。
コーキングが固まってしまうと、マスキングを剥がした際に、一緒にコーキングまで引っ張ってしまいます。

 

 

TOPに戻る